不動産KING

不動産の事なら当サイトにお任せください!投資、税金、相続など不動産に関係するすべてを完全網羅!

投資 マンション ポイント 中古物件 売却 副業

インカムゲインvsキャピタルゲイン

2017/05/09

投資による収入確保を狙った場合、不動産投資には様々なメリットがあります。

例えば投資として人気のある株やFX、先物取引などは、短期間で大きく利益を伸ばせる可能性がある反面、マーケットの高いボラティリティの影響を受けたり、時おり大暴落などが発生して投資元本を大きく減らすリスクがあります。

また、定期預金や社債投資、債券ファンドなどはリスクが低い反面、その利回りは非常に低いと言えます。

これらの商品では老後の安定した収入の確保などを目指しているような場合にはとても生活の足しになるような収入は見込めません。

その点、不動産投資なら最初の物件選びさえ間違わなければ、安定し収入と比較的高い利回りが期待できるのです。

不動産投資がこのような比較的安定した収入が期待できるのは、インカムゲインを狙った投資だからです。

不動産投資とは実はキャピタルゲインとインカムゲインの両方の収入を狙える投資です。

キャピタルゲインとは購入した不動産の値上がりを期待して購入した金額よりも高く売ることで収益を狙う考え方です。

しかし、このキャピタルゲインを狙うのはプロとしての目利きが必要で、だれもができる簡単な戦略とは言えません。

時にプロでもその戦略を見誤って購入時よりも安値で処分させられることがあります。

反対にインカムゲインとは投資物件を賃貸することで毎月の家賃収入の確保を狙う考え方です。

もちろん部屋が入居者で埋まらないという空室リスクなどはありますが、駅徒歩10分以内の繁華街に近い利便性のある物件を選ぶなどそれなりの物件選びとその後の管理をしっかりすれば十分にリスクを緩和させることができます。

そして不動産投資において安定収入を確保するために狙うべきなのは、このインカムゲインであるのはもうおわかりでしょう。

また、安定した収入を確保する仕組みとして、家賃保証という制度があります。これはサブリースとも呼ばれ、サブリース会社が投資物件を相場よりも少し安い賃料保証で借り上げ、入居者を募ってその物件を家賃保証の賃料よりも高い家賃で又貸しするという仕組みになります。

例え入居者が見つからなくても、あくまでそのリスクはサブリース会社が負い、保証されている家賃収入が確実に入ってきます。

さらにこの家賃保証に似たサービスとしては他に一括借り上げという仕組みもあります。

このような仕組みを利用することで不動産投資の初心者の方でも手堅く、家賃収入を確保できます。

さらに不動産投資には別のメリットとして税務上の有利性が挙げられます。

自分の財産を次の代に引き継ぐ時に相続税が発生する場合がありますが、この相続税は預金や株式などの資産で相続する場合、そのまま時価評価されて課税されます。

その点、不動産投資なら不動産の評価は時価ではなく、税法上の評価額で課税されます。この課税評価額は時価よりもかなり低いケースがほとんどです。

また、賃貸物件として事業用に運用されている収益物件の場合、さらにこの税務上の評価額が下がり、課税上は大変有利になります。

安定収入だけではなく、課税上のメリットも受けられるのが不動産投資なのです。

-投資, マンション, ポイント, 中古物件, 売却, 副業