不動産KING

不動産の事なら当サイトにお任せください!投資、税金、相続など不動産に関係するすべてを完全網羅!

投資 中古物件 メリット

不動産投資では中古の物件でもメリットは多くある

2017/03/29

 

不動産投資で最初に迷うのが投資用の物件を購入するときです。

何を買うか?でかなり迷う人が多くいると思います。

投資用の物件を決めるときに1つ大きな基準になるのが新築か?中古か?ということです。

新築の物件の方が綺麗ですし、設備などの充実していてメリットが大きいのではないか?と思いますが、中古の物件でも同じくメリットは多くあります。

中古の物件は当然ですが、購入費用が安くて済みます。

そして、中古の物件は立地に恵まれているケースが割と多くあります。

中古物件の中には古くに建てられたものもありますが、そういう物件は実は立地が優れていると言えるものが高い確率で存在しているのです。

でも、どうして中古の物件は立地の条件が良いケースが多いのか?

これは単純なことですけど、先に建てられた方が立地を選びやすくなるので、それで好条件の立地の建物が多くあるということになります。

したがって、中古の物件は購入費用が安くて、立地条件が良いと言える物件が多くあるため、意外とおすすめな面もあるということになります。

多くは新築の方が良いのではないか?入居者が集まりやすいのではないか?と思うかもしれませんけど、新築であっても立地が悪いと人は集まりませんし、新築で立地が良い物件となると費用がかなりかかります。

したがって、中古の物件で立地が良くて、費用が抑えられるものを探すのはメリットが非常に大きいと言えると思います。

しかし、中古の物件はメリットばかりではありません。

デメリットもあるので知っておきましょう。

例えば、あまりに古い物件であれば、将来的に修繕のための費用が相当かかる可能性があります。

購入費用が安くても、修繕の費用で相殺されてしまったら意味がありません。

かといって新築から数年程度の中古の物件であれば、費用はそこまで高くないかもしれませんけど、立地が良くなかったりするケースもありますし、立地がよければ新築に近い分費用もそれなりにかかるということで、いろいろと難しい面があるということになります。

だからこそ、投資用の物件でどういうものを購入するか?決めるときにはとても慎重にならないといけないのです。

新築か?中古か?だけでも相当悩むべきポイントがありますから。

しかし、投資用の物件は新築の方が良いと先入観で思いこんでいる人がいるならば、必ずしもそうではないということ、中古の物件でもメリットはあるということを認識して、それから購入を決めてほしいと思います。

-投資, 中古物件, メリット