不動産KING

不動産の事なら当サイトにお任せください!投資、税金、相続など不動産に関係するすべてを完全網羅!

ノウハウ 売却

売却成功への近道は簡単に見つかる!

2017/06/21

不動産投資で成功するには、「売却」を常に考えておく必要があります。

皆さんなら、どのように売却に必要なノウハウを手に入れますか?

近道は、豊富な売却経験を持つ投資家に学ぶことでしょう。

視点を少し変えるだけで、意外なヒントが数多く見えてきます!

いざ売却となると、どうしても売主の視点で物事を考えがちですが、忘れてはいけないのが、相手の立場=「買主」の視点です。

当然のことながら、売却をするには買い手が必要です。

買い手がいれば売れますし、買い手がいなければ売れません。

それでは、どんな条件が揃えば、買い手が現れるでしょうか?

売りたい物件の利回りや積算価格といった条件はもちろん重要ですが、もっと大きな影響を及ぼすものがあります。

それは、「金融機関の動向」です。

金融機関が活発に融資を行えば、市場に買い手がたくさん現れて、需給バランスから物件価格が上昇します。つまり、高値で物件を売却できる可能性が大きくなるということです。

また、「木造物件に融資が出づらくなるとRC物件に高値がつきやすい」など物件構造による価格変動にも影響を及ぼすので、金融機関の動向は日頃から注視しておく必要がありそうです。

金融機関の動向に左右されない買い手とは?
その一方で、金融機関の動向や世の中の情勢にあまり左右されず、安定的に買い手が現れる「価格帯」も存在します。

例えば、耐用年数が切れた木造物件。
残耐用年数が少ない物件には融資がおりづらいため、買い手を見つけるのが難しいですが、減価償却などの目的でこういった物件の現金購入ニーズがあることも事実です。

現金での買い手がいる3000万円程度までの価格帯は比較的売りやすいと言えるのではないでしょうか。

高利回りの物件であれば、5年程度の短期保有でもかなりの資金は回収できているはずなので、売却によって利益を確定できる可能性が高いです。

-------------------------------------------------------------------------------------------

物件を売却するのに、今はチャンスなのか、そうではないのか。
買い手の立場からしっかりと見極めることで、売却成功の可能性が広がりそうです。

-ノウハウ, 売却