不動産KING

不動産の事なら当サイトにお任せください!投資、税金、相続など不動産に関係するすべてを完全網羅!

投資 シェアハウス

不動産投資の投資用物件としてはシェアハウスは狙い目?

2017/03/29

 

不動産投資を行うときにはどの物件を買って投資をしていくか?

がとても重要になりますけど、シェアハウスのブームは見逃さない方が良いと言えます。

1人で1つの家を借りて住むのではなく、1つの家に複数人が住むという居住形態が以前よりも増えてきたので、そこに狙いを定めて不動産投資を行っていくのもありだと言えるからです。

こういったシェアハウス型の物件を買って、複数人に貸していくというやり方は実は大きなメリットが2つあります。

1つはライバルがそこまで多くないだろうと言えることです。

不動産投資において多くが購入している物件はやはりワンルームなど、1人に貸すということを前提としたケースで、シェアハウスを意識して、複数人に貸すという目的でやっている人は少ないのです。

強いて言うならばファミリー向け物件を購入して不動産投資をしている人はいますが、ファミリー向けの物件とシェアハウス向けの物件は間取りなどが多少異なるため、複数人に貸すという意味では共通しているものの、別のケースと考えても良いと思います。

したがって、シェアハウス用の投資物件はライバルがそこまで多くないだろうということと需要自体は割とあるだろうということで、1つおすすめの物件になると言えるのです。

実際、今の若い人たちは家にそこまでお金を使えない事情がどうしてもあるので、シェアハウスのような1人あたりの家賃を抑えられる家は需要が高いと思いますから。

そして、シェアハウスを意識した投資用物権を購入するメリットの2つ目は、収入が多くなりやすいということです。

シェアハウスというのは複数人に貸すわけですから、その複数人から家賃を得ることができるのです。

1人から家賃を徴収するよりも、複数人から少しずつ家賃を集めた方が結果として家賃の総額が高くなる傾向にあります。

したがって、不動産投資の収入も増えやすいということになるのです。

ここも非常に大きなメリットになると言えるでしょう。

しかし、シェアハウスのような複数人に貸すことを前提とした場合には、物件選びもちょっと難しいです。

特に間取りです。

1人が住むケースと比べて、複数人が共同生活をしていく家を買わないといけないので、選び方がちょっと難しいかもしれません。

また、そういう物件をちゃんと購入できても、複数人の居住者を本当に集められるか?も分かりませんから、リスクがないわけではありません。

でも、ライバルがそこまで多くなくて、需要自体はそれなりにあって、かつ収入がより大きくなる可能性を秘めた魅力的な不動産投資の1つの方法になると言えるのです。

-投資, シェアハウス