不動産KING

不動産の事なら当サイトにお任せください!投資、税金、相続など不動産に関係するすべてを完全網羅!

ノウハウ 投資 初心者 マンション アパート ポイント 中古物件 メリット 税金

不動産投資による節税と保険のメリット

Processed with VSCO with f2 preset

不動産投資は将来の資産形成ができるだけでなく、所得税や消費税、住民税などの節税にもなります。

まずは家賃などの賃貸収入があり、いろんなマンションの必要経費で引かれて、賃貸収入を上回る赤字が出たならば、税務上赤字になります。

そうなるとその税務上の赤字から自分の給与所得から引くことができる損益通算が可能です。

そうなると所得の合計は少なくなる分、確定申告の時に所得税の還付を受けることができます。

例えば、ローンを組んで物件を購入することで、毎月のローンの返済時に金利相当額を経費として計算することができます。

支払額が経費として計算できるので、現金額で購入した場合と比べて課税される所得金額は少なくなります。

ただ、税金の還付が受けられるのは家賃収入から経費を差し引いた金額が赤字の場合のみです。

また、所得が低いことで住民税も節税とすることが可能です。

また、賃貸マンションの敷地は貸家建付地となるため、更地の土地を相続する場合に限り、相続税も減額されます。

また、今では贈与額2500万まで無税で贈与できるため、贈与も無税、もしくは軽い負担となっています。

支払った贈与額は相続税が発生した時に清算されるので、贈与税の税金対策をすることで節税ができます。

節税についてこのようなメリットがある不動産投資ですが、節税だけでは無くて保険にもなるのが不動産です。

不動産投資が生命保険の代わりにもなるのですが、それには融資を受けて不動産を購入する必要があります。

それは、不動産購入時に住宅ローンを組むと思いますが、ほとんどその時に団体信用生命保険というものに加入させられます。

この団体信用生命保険は住宅ローンを組んだ人が、健康面で大きな問題が起きて返済不能となった場合、生命保険会社から残りのローンを払ってもらう仕組みの保険です。

そのため、不動産のローンを家族は心配することは無く、保険会社が払ってくれるようになるので、家族は不動産の賃貸収入を受けることができるようになります。

この仕組みが不動産投資が生命保険の代わりにもなるということです。

不動産の融資を受けるには団体信用生命保険への加入がほぼ絶対条件となっているため、この保険にローンの利用者は必ず入っていることになります。

不動産投資はこの点でもメリットとなるので生命保険に入る保険料も節約できると思います。

融資を受けずに購入すると、税金が安くなる相続税対策ができます。

不動産投資には節税と保険でこのようなメリットがあります。

-ノウハウ, 投資, 初心者, マンション, アパート, ポイント, 中古物件, メリット, 税金