不動産KING

不動産の事なら当サイトにお任せください!投資、税金、相続など不動産に関係するすべてを完全網羅!

土地 減価償却 投資 マンション アパート 建て替え 購入 税金 相続

不動産投資は利益だけで無く節税や年金としても効果は大きい

2017/08/25

不動産投資をすると、家賃収入によるお金を得られたり、売買によってより多くの利益を得ることができるなど、利益を目的として不動産投資をする方は多くいます。

しかし、不動産投資により、節税や年金の代わりにもすることができるのです。

不動産を取得するだけでどうしてそのようなことができるのかを簡単に説明していきたいと思います。

まずは、相続税ですが不動産は持っているだけで相続税の評価額が30%も減額になり、土地の評価額も2割削減できます。

小規模な宅地ならば50%から80%の評価額の減額もできるので、相続税対策としても不動産は使われています。

例えば、土地の評価額が1億円だとすると、更地のまま相続した時は土地の評価額をそのまま払う必要がありますが、更地に貸付不動産を建てて、さらに小規模宅地の特例が適用されると、その減額を適用することがで

き計算上は3950万円となり、かなりの金額を抑えることができます。

そのため、相続税の対策を取ることに不動産の購入をされる方もいます。

また、普通に仕事をしている方も不動産を持っている方は本業の仕事の他に不動産の家賃収入を得るケースもあると思います。

もし、不動産の所得収入が20万円を超えないのであればその分は確定申告をする必要はありませんが、不動産の所得がマイナスの所得の場合は、確定申告をすることにより本業の給与と合算することができます。

そうなると所得を減らすことになるにで所得税や住民税も減ることになります。

この仕組みを利用すれば、節税をすることができるということです。

もちろん、そのためには自分で確定申告を行うことです。

また、不動産を持っていることで、老後の年金の対策としても活用できます。

不動産には家賃収入が出てくるので、老後にお金のことが心配であっても毎月安定したお金を受け取ることができます。

年金の代わりと言われるのはその点です。

時間による自由も効きやすく、そこまでの労力を使わない点でも老後の収入としては最適なものがあります。

もちろん、居住者がいないと家賃の収入は得られないので、居住者が入るように広告を出すななどの努力は必要です。

また、不動産を持っているので、節税としても活用できます。

このように不動産投資には利益を得るだけでは無く、節税の効果や老後の年金代わりにもなる要素があるので、知っておくと便利だと思います。

節税をするだけでもかなりの金額となるので、どうぞ不動産投資の節税の参考にしてください。

-土地, 減価償却, 投資, マンション, アパート, 建て替え, 購入, 税金, 相続