不動産KING

不動産の事なら当サイトにお任せください!投資、税金、相続など不動産に関係するすべてを完全網羅!

投資 初心者 マンション アパート

不動産投資には種類がある。

2017/04/03

不動産投資にもいくつかの種類がありますのでご紹介します。

不動産投資といえば、一部のお金持ちや地主の方だけの投資というイメージが強くお持ちじゃないですか?

最近では一般の方でも不動産投資に参加できる環境ができています。

時代で変化する融資の仕組みなど、様々な理由があります。

それではどんな種類のモノがあるのか見ていきましょう。

現物不動産投資

一般では不動産投資といえば、この現物不動産投資のことを指します。

実際にアパート、マンション、ビルなどを購入し、そこで暮らす人やビルに入っているテナントから賃料収入を得るというものです。

・小口化不動産投資

不動産投資には多額の資金が必要ですが、それを抑えて投資しやすくしたのが小口化不動産投資です。

不動産会社などが投資家から資金を集めて不動産を購入する。

その不動産会社が不動産の管理を行い、収益を出資した投資家に分配するという仕組み。

最近では、極めて小額から出資することもできます。

・証券化不動産投資

小口化不動産投資とそれほど違いはありません。

  • 極めて小額から投資が可能
  • 管理が不要
  • 必ずしも配当金が出るとは限らない

などの特徴があります。

決定的に違う点は、証券というところです。

不動産投資というよりも、感覚的には株式投資に近く、これはペーパー資産の保有といえます。

-投資, 初心者, マンション, アパート