不動産KING

不動産の事なら当サイトにお任せください!投資、税金、相続など不動産に関係するすべてを完全網羅!

初心者 マンション ポイント メリット

株や投資信託だけではない!不動産投資の魅力

2017/04/06

 

株式や投資信託などは、景気の良し悪しに左右されやすい金融商品です。

株式投資は景気が良くなっていく局面では、多少まずい方法でも利益が出る一方で、
景気が悪くなれば、その影響をダイレクトに受けます。

株式や、株式を組み入れている投資信託を保有している人は、
どんなにリスク対応策を講じても、景気悪化によるリスクは避けられません。

そこで株価にあまり影響されない投資として、金や債券への投資という選択肢もあります。

これらは安全性が高い投資ですが、収入と言えるほどのリターンを得ることは難しいでしょう。

ハイリスクな投資がハイリターンで、ローリスクな投資がローリターンなことは投資の常識です。

しかし不動産投資の場合には、他の投資とは違う特徴があります。

それはローリスクで、ロングリターンであるということです。

長期的な資産形成を考えているのなら、金融商品だけでなく不動産投資も選択肢の一つです。

不動産投資とはアパートなどの物件を購入して、「大家さん」になることです。

入居者からの家賃は、安定的で長期的なリターンとなります。

株式投資では景気の悪化によって、資産が急激に減ることがあります。

しかし不動産投資の場合は不況だからと言って、すぐに入居者が出て行くわけではありません。

また物件の価値が上昇した場合は、売却して利益を得ることもできます。

もちろん不動産投資にも、リスクはあります。

たとえば入居者が入らない空き部屋の問題や、天災によって物件価値が下がることなどです。

しかしそれらのリスクは厳格に物件を選び、メンテナンスを適切に行うことである程度回避できます

「大家さん」と聞くと大金が要りそう、物件のメンテナンスが大変そう、と感じる方も多いことでしょう。

しかしながら一言に「大家さん」と言っても、その形態はさまざまです

不動産業者などが多くの投資家から資金を募り、不動産投資を代行するサービスがあります。

投資信託と似たサービスで、物件選びやマンションの管理など、面倒な事柄は業者が引き受けてくれます。

このようなサービスでは、金融商品と変わらない予算で、少額から投資を始められます。

また不動産投資の場合は、銀行から融資を受けられます。

住宅の購入と同じで、「団体信用生命保険」へ加入することもできます。

このことは投資家が世帯主の場合には、とても重要なポイントです。

ローンの返済が終わらないうちに、世帯主に万一の事があった場合には、生命保険会社がローンを完済してくれます。

その場合でも物件は家族の手元に残りますから、物件からの収入が生命保険の役割を果たします。

-初心者, マンション, ポイント, メリット